コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

約 Jeremy

ほぼ全て

デザイナーのジェレミーミクリタリアンは、アルメニア系フランス人として産まれ、8歳になるころには両眼の視力が-7.50になるという、珍しい子供でした。

 

身長が192cm、鼻は大きく茶色いカールヘアーになった18歳の頃、デザインの勉強を始めました。というのも、ブランド名のTarianのスペルの中の「ian」はフランス語で「息子」という意味で、父であるアラン ミクリタリアンの跡を追うのにピッタリだ!と思い、デザインを描き始めました。

 

2011年にTarianブランドをパリでスタートさせ、それに並行して陶芸家としての仕事も始めました。日常製作する陶芸から、色彩の創造力や繊細で個性的な形をメガネのデザインへ取り入れることができ、まるで彫刻家のようなメガネデザインを作り上げるようになりました。

 

タリアンのデザインは、オプティカルデザイナー部門で1回、サングラス部門で2回、合計3回のシルモドールを受賞しています。

 

彼の自由でアーティストな部分が、毎年新しいデザインを生み出し、各フレーム500本の限定生産としています。情熱を持って楽しく描かれるデザインこそ、ジェレミー自身の遊び心が表れています。アセテートとメタル素材、時には陶器も融合させるのが彼のテイストです。

 

アールデコやバウハウスデザイン、また現代アートからも多くの影響を受けています。

彼の自由で職人的な製品のビジョンが彼を推進して、毎年新しい作品を提供するマイクロエディションのコレクションを設計します。Jérémyはこの実践を遊び心で軽く扱い、観察者を彼の研究の中心に置きます。

形の仕事に決然と固執しているJérémy Miklitarianは、アセテート、金属、時にはセラミックさえも美味しく混ぜ合わせるのが好きです。

アールデコ運動への言及、ポストバウハウスデザインのコード、そして現代絵画への言及は、Jérémy Miklitarianを純粋に、そして単純にモダニストの創造者にします。

約 Tarian

すべてビデオで

Play !